Recherche

Accueil > Artists

臼井 紀人 / Norito Usui

KBS交響楽団奏者

東京都出身。12歳よりテューバを始める。東京音楽大学卒業

サントリーホール主催「レインボウ21・サントリーホールデビューコンサート」出演。2011年サイトウキネン室内楽勉強会に参加。サイトウキネンフェスティバルin松本「青少年のためのオペラ」に出演。第7回Jeju International Brass&Percussion Competition(韓国)ファイナリスト。現地オーケストラとE・ボザ作曲、テューバと管弦楽のための小協奏曲を共演。第10回ルーマニア国際音楽コンクール第2位。Singapore low brass festival 2016 open solo competition 第3位。東京芸術劇場ウィンドオーケストラアカデミー第1期生。東京Bright Brass Quintet,BRASSNEX,Seoul  Chamber Brass各メンバー。これまでにテューバを田中眞輔、大塚哲也の各氏に師事。KBS交響楽団テューバ奏者。

Norito Usui holds the Tuba position with the KBS symphony orchestra since 2017. He is member of the Tokyo Bright Brass Quintet, BRASS NEX, Seoul Chamber Brass.
Born in Tokyo, Japan. Norito studied under Shinsuke Tanaka(Former Tubist of the Tokyo symphony orchestra), Tetsuya Ohtsuka(Tokyo Philharmonic Orchestra) He graduated from the Tokyo college of Music. He joined Seiji Ozawa Music academy. As a soloist, Norito was a finalist at the Jeju Brass competition 2012, and 2nd prize winner at the Romania international music competition, 3rd prize winner at the Singapore Low brass festival open solo competition 2016.

 

[使用楽器:
〈B&S〉Fテューバ BS3100W
〈メルトン・マイネル・ウェストン〉 BB♭テューバ MW196 “Fasolt”, CCテューバ MW6450-2  “Baer”]

Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping