Recherche

Accueil > Artists

Thomas Leleu / トマ・ルルー

国際的ソロ奏者、マルセイユ歌劇場管弦楽団 首席ベース・チューバ奏者

トマ・ルルーは、フランスで最も権威あるクラシック音楽賞、ヴィクトワール・ド・ラ・ミュージック・クラシックで最優秀器楽ソリスト賞に輝いた初のベース・チューバ奏者。彼は若い頃から“ベース・チューバ界の世界的若手スター”(フランスのラジオ局 Europe 1)という高い評価を受けてきた。トマ・ルルーは、驚くべき音楽性と軽快な指使いでベース・チューバが持つ従来のイメージを覆す。クラシック音楽と現代音楽の間にある壁を取り払うことを目的に、スタイルにとらわれない自由なアプローチでコンサートの演奏に臨んでいる。

1987年にフランスのリールで生まれたトマ・ルルーは父親からベース・チューバの演奏を学び、17歳でパリ国立高等音楽院(CNSM)に入学し、公開コンペティションで優勝。3年間の養成コースを優秀な成績で卒業し、ベース・チューバの最優秀賞も獲得。

トマ・ルルーはマルクノイキルヒェン(ドイツ)や済州(韓国)、ルクセンブルクをはじめ、世界各地のコンクールで入賞している。19歳からマルセイユ歌劇場管弦楽団の首席ベース・チューバ奏者を務めており、2014年2月20日には弱冠24歳にして、フランスで最も権威あるクラシック音楽賞、ヴィクトワール・ド・ラ・ミュージック・クラシックの最優秀器楽ソリスト賞をベース・チューバ奏者として初めて獲得し、一躍脚光を浴びた。彼は数多くのオーケストラと共演し、ソリストとして、あるいは自ら率いるユニークで斬新なアンサンブル「トマ・ルルー六重奏団」(ベース・チューバと弦楽クインテット)として、フランス国内外のさまざまな音楽祭へ定期的に招待されている。トマはワールドミュージックやジャズ、現代音楽にも情熱を傾け、2016/2017シーズンはチューバ・フレンチ・タッチとマルセイユ市、マルセイユ・オペラ座との共同プロデュースで「ザ・チューバズ・トリップ」と題した公演を行った。

Discography
In The Mood For Tuba(2015)

Thomas Leleu presents to you his new album « In the mood for tuba », recorded with the Orquesta Sinfónica de Lara (Venezuela) and the Thomas Leleu Sextet. Thomas Leleu is the first French tubist to have ever recorded an album with a symphonic orchestra.

You will discover pieces by Richard Galliano, Camille Saint-Saëns, Stéphane Grappelli, Heitor Villa Lobos, Vittorio Monti…

"Stories..."(2019)
Videos
Contact / Social
Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping